カードローン契約に伴う郵送物をなしにするためには

一枚の個人専用カードを発行手続きして持ち歩くことで、お金の支払いに迫られた時にはすぐに近くのATMに駆けつけて融資金を引き出すことができるカードローン。しかし使用する上では注意すべきこともあります。たとえばカードローン利用に伴う郵送物の存在もその最たるものと言えるでしょう。カードローン契約時には審査に通過すると正式な文書での契約書が自宅に郵送物として届けられる場合があります。また近所のATMやコンビニ店内のATMにて気軽に借り入れを行ったつもりが、利用するごとに新たな借り入れ内容とそれに伴う利息の案内などが明記された明細書が届けられることも考えられます。こうしたものは借り入れ内容や条件を忘れずに済むのでありがたいのと同時に、家族に見られたらいっぺんにカードローン利用がバレてしまうというリスクも背負ってしまいます。消費者金融によっては、このようなことがないように郵送物をなしにすることも可能です。まずはこういった書類をすべてウェブ確認に設定し直すことでわざわざ送られてくることがなくなります。もちろん事前にそのように設定することも可能ですし、契約後に店舗窓口、電話、ウェブ上などで設定変更するのも簡単ですので気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。

ハガキや明細書などの郵送物なしで使えるカードローン

資金が足りないときには、銀行や消費者金融のカードローンを利用してお金借りたい人が多いと思いますが、郵送物が自宅に送られることによって、家族にカードローンを使って借り入れをしていることがバレてしまうことが考えられます。カードローンを使うときには、できるだけ家族に内緒で借りたいという人も多いでしょう。ハガキや利用明細書などの郵送物が送られることなく、使用ができるカードローンとして人気があるものにモビットがあります。モビットではWEB完結申込みというサービスが行われていますので、借り入れに必要な全ての手続きをインターネット上で完結させることが可能です。ネット上で手続きを行えることによって、来店する手間を省くことが可能になります。郵送物としてはカードなどが届けられる心配もありませんので、誰にも知られることなくカードローンを利用できます。振込みキャッシングの方法を選択することで、指定の銀行口座に振り込み融資をしてもらえますので、24時間いつでも時間に余裕があるときに融資の依頼が行えます。

カードローンで郵送物の転送依頼はできない

カードローンを含め、さまざまな金融商品ではローン会社からの郵送物は転送依頼ができないので注意が必要です。ローン会社からくる郵送物は契約書や利用明細などがありますが、そのほとんどが転送不要で送られてきます。また、契約書などは本人限定郵送物として送られてくるので受け取り場所が現住所と違う場合には特に注意が必要です。この処理はカードローン会社が行っているだけではなく、金融商品では全般的に行われています。カードローンを含め契約が個人名義のものは大抵現住所の確認も踏まえて現住所に送ることが一般的です。もし、送付先を変えて欲しい場合にはカードローン会社と事前に調整することが必要です。郵便物に困る場合は郵送が無いカードローンサービスも増えていますので契約をする前に郵便物の有無もよくチェックしておくと良いです。また、郵便物がないサービスはインターネット上で審査から振込まで行う事ができ便利ですので利用を検討することをおすすめします